東京大会 選手エントリーはこちらから!

フィトネスレギンス     審査基準・審査方法について

フィトネスレギンスの審査方法

審査方法は、次のとおりとする。

フロントとバックポーズ2種類で審査    
 (ポージング)
ビキニフィットネスのポーズと同じ
※試合当日、ポーズ案内あり。
 

審査基準

①服を着た状態で見受けられる、ほどよく鍛えられた健康的なボディライン。
②全身の筋肉の適度な発達度合い。 ※肩が著しく丸みを帯びていたり、大腿部が上半身のバランスを壊すほどの過度な 筋発達は評価されない。 筋肉の筋が過度に浮き上がるような絞りも必要なし。

Ⅰ.ピックアップ:6名選出

(1)すべての選手を番号順にステージに並列させる。 

(2)いくつかのグループに分けて次の2ポーズを行う。

 ➀ フロント 

 ➁ バック 

(3)審査員は、ボーダーを越えていると思われる選手にピックをつける。 審査票にゼッケンNo.を記入 する。 

(4) ピックアップ審査は予選審査進出選手を選出するための審査なので、ボーダーラインの選手のみを比較し、予選審査に進出する可能性の高い選手は比較してはならない。 比較は原則として一審査員 1回~2回とする。 

  比較は、一部の審査員に偏ることの無いようにできるだけ全審査員が行う。 

Ⅱ.決勝審査:L ウォーキング・規定2ポーズで順位付け

(1)すべての選手を番号順にステージに並列させる。

(2)すべての選手で次の2ポーズを行う。

 ➀ フロント 

 ➁ バック 

(4)左右入れ替えてもう一度2ポーズを行う。

(5)審査員は、 5 名以内の選手を比較することができる。

(6)審査員は、順位の入った審査票にゼッケン№.を記入する。 

  審査員が申請した比較用紙に記入された選手番号の順序どおりに選手を並ばせて実施する。 

 比較は一部の審査員に偏ることの無いようにし、全審査員が一回以上行うものとする。

ビキニの順位決定の方法は次のとおりとする。

審査員全員の合計点で順位を決定する。 

順位決定にあたり同点が出た場合は、再審査を行い多数表を獲得した選手の順位を上とする。